BLOG

よくわかる!炭酸の美容効果とは?

炭酸パック

そもそも炭酸とは?

あのシュワシュワしている正体は、二酸化炭素(炭酸ガス)が水の中に溶けている状態のことを言います。
この二酸化炭素を冷やしてギュっと固めて固形の物にしたのがドライアイスです。

でも、ドライアイスの白いモヤモヤは炭酸ガスではなくて、実はただの水なので美容効果はありません!
私たちの体内にも二酸化炭素はあり、呼吸で口から出ているのも二酸化炭素です。

身の回りにたくさんある二酸化炭素ですが、本当に美容効果があるのでしょうか?

炭酸の美容効果とは?

美容で使われている炭酸ガスの主に期待される効果は「血行促進」です。

水の中に溶けている状態の炭酸ガスは、分子がとても細かく肌に浸透しやすくなっています。
炭酸パックなどで肌から浸透した炭酸ガスは血管にまで入ると、血管中の二酸化炭素濃度が上昇。
人の体は常に全身に血液で新鮮な酸素を送っていますが、炭酸パックをした部分は二酸化炭素が多い状態になるので、その箇所だけ酸素が足りないということで、毛細血管を拡げて、より多くの血液で酸素を運ぼうとします。

こうして、炭酸パックをしたところの血行が良くなり、新陳代謝が活発になることにより、お肌の状態を健やかな状態にします。
炭酸パックをした後に「肌が赤くなった」という方もいるのではないでしょうか?
これは、皮膚の下の毛細血管が広がり、血行が良くなったサインかも知れません。
二酸化炭素は人体にとっては有毒です。
人によっては、お肌がピリピリするという方もいます。

ここまでの炭酸ガスによる美容効果をまとめると・・・

  • 炭酸パックにより、炭酸ガスが血管中に入る。
  • 血管中の二酸化炭素濃度が上昇する。
  • 炭酸パックをしたところに酸素を送ろうとする。
  • 毛細血管が広がり血行が良くなる。
炭酸パック

とにかくシュワシュワしているのがいいの?

炭酸と言えば、身の回りでなじみ深いの「コーラ」や「ビール」ではないでしょうか。
コップに出すとシュワシュワ~っと気持ちのいい音で、飲むと喉に程よい刺激があり、夏などの暑い日に飲むととても気持ちがいい飲み物です。
このコップの中ではじけているのが炭酸ガスです。

では、この炭酸ジュースなどを肌につければ炭酸美容効果が得られる!?と思えますが、あまり意味はありません。
なぜかというと、コーラやビールをコップに出して、少し待つと・・・最初はシュワシュワと音を立てていましたが、すぐに泡が少なくなってしまいます。
よくいう「気が抜けた」という状態にすぐなってしまいます。

勘違いしている炭酸パックの選び方。

炭酸ガスは身近にあるものですが、すぐに気が抜けてしまうもので、炭酸ガスを維持することがとても難しいのです。
炭酸パックも同じで、開封してからすぐに炭酸ガスの濃度は低下していきます。
効果がありそうなシュワシュワしている炭酸パックのシュワシュワは、炭酸ガスが逃げて行っている音なのです。

シュワシュワしていると効果がありそうに思えますが、実は・・・シュワシュワしているかどうかは問題ではありません。

炭酸ガスの美容効果に重要なのは、シュワシュワしているかではなくて、シュワシュワしていなくても、炭酸ガスが高濃度で維持されていることが重要です。
シュワシュワと炭酸ガスが多い物よりも、炭酸パックや炭酸ジェルパック内に保持された炭酸ガス量が重要なのです。

効果が得られる炭酸ガス濃度は1,000ppm以上!

炭酸ガスの起源は古く、古代ローマまでさかのぼり、ヨーロッパでは古くから天然の炭酸泉浴治療が行われています。
最新の医療で炭酸ガス治療が行われ、この炭酸ガスの治療が美容にも期待されることが発見され、様々な美容に活用されるようになりました。

その医学界で「医療に応用出来て治療効果を得るための必要な炭酸ガス濃度は、1,000ppm以上」と定められています。
最低でも400ppmが必要とされていますが、残念なことに現在出回っている炭酸パックなどは・・・

ほとんどが400ppmに満たないものがほとんど。

特に注目したいのが「炭酸ガスの持続力」です。
塗布したばかりの時はシュワシュワして炭酸濃度が一時的に高い物もありますが、30分後の炭酸ガス濃度として考えると美容効果が得られるものは少ないのです。

炭酸パック

高濃度炭酸ジェルパック

炭酸ガスは80%が消えてしまう・・・その消えてしまう量も考えて高濃度を保った炭酸パックに最適なのが「炭酸ジェルパック」なのです。
炭酸ガスは空気よりも軽いので、空気中にどんどん逃げて行ってしまいます。

肌に塗布して混ぜたり伸ばしたり衝撃を与えると、より空気中に逃げていき、炭酸ガス濃度はぐんぐん下がって行ってしまいます。
この炭酸ガス濃度を下がりにくくするためにしたのがマリプラチーヌが特許(特許第5039243 号)を持っている「炭酸ジェルパック」です。

炭酸パック

炭酸濃度4,000ppmの炭酸ジェルパック

この特許技術により、マリープラチーヌの炭酸ジェルパックの炭酸ガス濃度は4,000ppmです。
これまで、炭酸パックであまり効果が無かったとがっかりしていた方は、もしかしたら炭酸濃度の低く、美容効果が期待できない炭酸パックなのかも・・・

炭酸パック

効果的な炭酸ガスパックを探している方は、マリープラチーヌの炭酸ジェルパックをお試しください。

炭酸パック

美容成分たっぷりの炭酸ジェルパック。

マリープラチーヌの炭酸ジェルパックには、炭酸効果だけでなく、3つの美容成分を配合しました。
これにより、炭酸効果だけでなく、しっかりとした美容ケアも期待できます。

  • 肌組織と同じ「3重らせん構造」のコラーゲンを配合
  • ブルガリアンローズのエッセンシャルオイル艶やかな香り
  • ハイビスカス花発酵液、天然セラミドなど美肌成分を配合

関連記事

PAGE TOP