• Home
  • >
  • 炭酸浴で疲労回復!

2016年5月25日

炭酸浴で疲労回復!

人工炭酸水が作れるようになってからは、スーパー銭湯やスパリゾートなどで、人工炭酸泉を用意しているところも増えてきました。そして、炭酸泉の健康に対する効能も医学的に色々解明されています。 その一つが、炭酸ガスが皮膚から浸透して毛細血管を開き、血行を促進すると言うものです。何と言っても、炭酸ガスが皮膚から直接体内に入ってくるので、その効果はダイレクトで即効性があり、医学の分野でもすでに治療などに利用されています。 なぜ、炭酸ガスが浸透すると血管が開くのか?。 私達の体は、空気から酸素を取り込み、血管を通して、全身の隅々にまで送り届けています。そして、エネルギーを作ったり、タンパク質を合成したり、不要になった炭酸ガス(二酸化炭素)は老廃物として静脈から吸収し、最終的に体外に排泄するという作用を繰り返しています。 つまり、全身の細胞には、エネルギー源となる酸素と老廃物である炭酸ガスが、もともと存在しているのです。そこへ、炭酸泉につかることで皮膚から大量の炭酸ガスが入ってくるとどうなるでしょう。 細胞は「何で急に炭酸ガスが増えたの? 酸素が足りないんじゃないの?」と驚く訳です。そして、急いで酸素を送ってもらうために、血管拡張ホルモンが分泌され、血管が拡張します。血管が開くと流れる血液の量が増えるので、血行がよくなります。 つまり、炭酸ガスを受け取った細胞たちの「何で?」という勘違いから、血行促進という恩恵が受けられると言うわけです。 血行がよくなると、体内にある疲労物質を素早く追い出すことができるので、疲労回復効果も十分に得られます。疲れが取れない、体がだるい、肩こりが辛いといったお疲れモードから抜け出せないときは、炭酸浴でスッキリ疲労物質を追い出しましょう。 参考文献:炭酸パワーを使いきる(前田眞治著)

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP