• Home
  • >
  • 炭酸水で野菜が色鮮やかに仕上がる!

2016年2月23日

炭酸水で野菜が色鮮やかに仕上がる!

ほうれん草や小松菜、ブロッコリーなど、緑の野菜をゆでるとき、普通であれば熱湯に塩少々を加えてから野菜を入れます。でも、炭酸水でゆでれば、塩を入れなくても色鮮やかにゆであがり、しかも、野菜が持つアクを除くこともできます。 この場合、炭酸水は炭酸水素ナトリウム(重曹)が入ったものを使うのがいいです。野菜のアク抜きや色をきれいに保つために、重曹は昔から料理に使われてきたのです。炭酸水であれば、わざわざ重曹を買ってこなくても、手軽に利用できます。まず鍋に炭酸水を入れ、沸騰したらすぐに野菜を入れ、炭酸ガスが逃げないうちにサッとゆで上げましょう。 また、ナスやキュウリなどの野菜に塩をふって揉む浅漬けも、塩のほかに炭酸水を少々ふって揉むと、色鮮やかに、味もすぐに染み込んだものが作れます。 味に変化をつけたいときは、塩と炭酸水に麺つゆを少々加えて揉むのもオススメです。 参考文献:炭酸パワーを使いきる(前田眞治著)

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP