• Home
  • >
  • 炭酸水で肉や根菜類を短時間で柔らかく煮る!

2016年3月7日

炭酸水で肉や根菜類を短時間で柔らかく煮る!

固まり肉でポトフなどを作ったり、大根やれんこん、ごぼうといった根菜類を煮たりするときは、柔くなるまで火を通すのに時間がかかります。だから、ついつい面倒で敬遠していませんか?。こんな時間のかかる煮物をするときも、炭酸水が役立ちます。 肉の場合であれば、まずは炭酸水に5分程つけおきすると、炭酸ガスのタンパク質を柔らかくする効果で(重曹入りの炭酸水の場合は重曹のダブルの効果で)肉が柔らかくなります。その肉を鍋に入れて炭酸水を注ぎ(野菜などの具も適当に加える)、フタをして煮ると短時間で煮えます。 肉を冷凍保存しておいた場合、解凍したときの臭みが気になりますが、炭酸水のつけおきによって臭みも解消します。 根菜を煮る場合は、つけおきなしで煮はじめても、美味しく仕上がります。 参考文献:炭酸パワーを使いきる(前田眞治著)

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP