• Home
  • >
  • 炭酸水でブワッと泡の吹き出すのを防ぐには!

2016年4月26日

炭酸水でブワッと泡の吹き出すのを防ぐには!

ペットボトルの炭酸水は、非常に高濃度の炭酸水でも、静止しているときは泡が立っていません。その炭酸水に振動を与えると泡が立ってきます。 買ってきた炭酸水を開封すると、ブワッと泡が吹き出してくることがあります。これは、移動で炭酸水に振動を与えてしまったからです。さらに、炭酸水の温度が高くなるほど、泡が吹き出しやすくなります。 そこで、買ってきた炭酸水は冷蔵庫で冷やして、落ち着かせてから開封するのが常識となっていますが、すぐに飲みたいときは、どうしたらいいでしょう?。もしくは、開けようと思った炭酸水をうっかり落としてしまったら、どうすればいいでしょう。 答えは、「炭酸水に声の振動を与える」です。炭酸水のペットボトルをのどに当てて、30秒位声を出します。細かい振動を与えることで、小さい泡を消し、結果、ブワッと吹き出すのを防ぐことができます。 参考文献:炭酸パワーを使いきる(前田眞治著)

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP