• Home
  • >
  • 炭酸ガスで何故血流が促進されるのか?

2015年6月30日

炭酸ガスで何故血流が促進されるのか?

ソーダジェルパック(炭酸パック)

ソーダジェルパック(炭酸パック)

炭酸ガス(以下二酸化炭素と言う)は、細胞が活動している限り必ず排出されるものであり、私達の健康と美容にはなくてはならない物質です。 通常、酸素はヘモグロビンと結合しています。細胞に酸素を送り込むには、ヘモグロビンから酸素を引き離す必要があります。この引き離す役目をしているのが二酸化炭素なのです。 酸素は、細胞から二酸化炭素が放出されるとヘモグロビンから離れ、細胞に入っていきます。一方、ヘモグロビンは酸素を離す代わりに二酸化炭素と結合し、静脈へと流れていきます。つまり、放出される二酸化炭素の量が多ければ多いほど、細胞に送り込まれる酸素も多くなり、血流が促進されるのです。 そこで当社は、ジェル内に高濃度の二酸化炭素を維持し続けるための持続力に注目し、当社独自の特許技術により、驚異の炭酸ガス保持力を実現しました。

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP