• Home
  • >
  • 歯磨き後の炭酸水すすぎで口内の細かい汚れを取る!

2016年5月30日

歯磨き後の炭酸水すすぎで口内の細かい汚れを取る!

炭酸水には、飲む以外にも色々な使い方があります。 その一つには、炭酸ガスの気泡によって汚れを吸着する効果があります。炭酸水に含まれている炭酸ガスは、油などの汚れを核として気泡になり、徐々に大きくなって、浮き上がるときに汚れを一緒に連れて行ってくれます。 この働きを利用するのが、歯を磨いたあとの「炭酸水すすぎ」です。炭酸ガスは細かい汚れを取るのに適しているので、いつも通りに歯を磨いて食べカスや歯垢などを取り除き、すすぎの仕上げに「炭酸水すすぎ」をします。 方法は、炭酸水を口に含んだら、あまりブクブクさせず、口全体にいきわたるようにして、30秒位おいて吐き出します。 ブクブクさせて泡を沢山出しても、効果は上がりません。それより、静かにできるだけ長い時間、炭酸水を口に含んでおくのが汚れを吸着させる秘訣です。 参考文献:炭酸パワーを使いきる(前田眞治著)

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP